虫歯は早期発見・早期治療が大切です

お口のトラブルとして、日本人にもっとも身近な「虫歯」。プラーク(歯垢)に棲みつく虫歯菌が食べカスに含まれる糖分をエサにして酸を出し、歯を徐々に溶かしていく病気です。

虫歯は早期発見・早期治療が大切です

虫歯はごく初期段階を除き、決して自然治癒することはありません。放置すればどんどん進行してしまいます。最悪の場合には、抜歯にもつながる怖い病気です。大切な歯を虫歯から守るには、早期発見・早期治療が大切です。少しでも異変に気づいたら、豊田市の矯正歯科「高木歯科」までご相談ください。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
CO:脱灰(だっかい)
CO:脱灰(だっかい)
歯の表面を覆うエナメル質がわずかに溶かされ、白濁した部分が現れます。 適切なブラッシングやフッ素塗布によって歯の再石灰化を促せば、治癒できるケースもあります。
C1:エナメル質の虫歯
C1:エナメル質の虫歯
エナメル質の溶解が進み、黒くなったり茶色くなったりする部分が現れます。まだ痛みはありません。 虫歯菌に冒された歯質を削り、レジン(歯科用プラスチックで補います。
C2:象牙質の虫歯
C2:象牙質の虫歯
エナメル質の内側の象牙質まで溶解が進んでいます。冷たい物や甘い物がしみることがあります。 虫歯菌に冒された歯質を削り、詰め物で補います。
C3:神経に達した虫歯
C3:神経に達した虫歯
歯の奥にある神経まで達した虫歯です。常に激しい痛みがあります。 虫歯菌に冒されて死んでしまった神経・血管を取り除く「根管(こんかん)治療」を行い、被せ物を装着します。
C4:歯根に達した虫歯
C4:歯根に達した虫歯
虫歯が歯根に達し、歯冠部分はほとんど溶けてしまいました。神経が死んで一時的に痛みはなくなりますが、歯根に膿がたまると再び激痛が生じます。 この段階まで来ると、ほとんどの場合抜歯するしかありません。抜歯後には入れ歯やブリッジ、インプラントなどによって咬む機能を回復させます。

日本の国民病「歯周病」から歯を守りましょう

日本の国民病「歯周病」から歯を守りましょう

プラークに棲みつく歯周病菌によって、歯を支える顎の骨や歯ぐきが溶かされていく病気「歯周病」。日本の国民病といわれるほど、蔓延している病気です。日本人の成人の約8割がかかっている、もしくは予備軍であるとされており、日本人が歯を失う原因の第1位にも挙げられています。

歯周病は虫歯と同じく決して自然治癒することがないため、放置すればどんどん進行してしまいます。悪化すれば歯が抜け落ちてしまうこともあり、早めの対処が大切です。「自分は大丈夫」と思わず、少しでも異変に気づいたら、豊田市の矯正歯科「高木歯科」までご相談ください。

歯周病による全身への悪影響

歯周病は悪化すると歯が抜け落ちてしまうこともある病気ですが、実はその悪影響は全身にも及んでいます。

心疾患 歯周病菌が血管に入り込むと血栓ができやすくなり、その結果心筋梗塞や狭心症、また脳梗塞を招くこともあります。
肺炎 誤嚥(ごえん)によって歯周病菌が肺に入り込むと、誤嚥性肺炎を引き起こすことがあります。
糖尿病 歯周病と糖尿病は深い関係があり、互いの発症や症状の悪化を招き合うといわれています。糖尿病にかかっている人は歯周病になりやすく、また歯周病の治療によって、糖尿病の症状が改善されたという報告もあります。
早産・低体重児出産 妊娠中に歯周病にかかると、歯周病菌が子宮の筋肉に影響して早産や低体重児出産を招くことがあるといわれています。

つまり歯周病治療は、大切な歯を守るだけでなく全身の健康を守るためにも大切なものなのです。

当院の歯周病検査

歯周病治療は、進行段階に適した方法を用いて行うことが大切です。そこで当院では次の検査を行い、進行状況を把握します。

歯周ポケット検査 歯の動揺度検査 レントゲン検査
歯周ポケット検査 歯の動揺度検査 レントゲン検査
専用の器具を使って、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の深さを測ります。深ければ深いほど、歯周病が進行していることがわかります。 歯をピンセットでつまんで動かし、どれだけ揺れるか調べます。大きく揺れるほど、歯周病は悪化しています。 レントゲン撮影を行い、歯を支える顎の骨の密度を調べます。骨が薄く写っているほど、骨の溶解が進んでいることがわかります。

当院の歯周病治療

ブラッシング指導

ブラッシング指導

歯周病治療の基本となるのが、正しいブラッシングによって歯周病菌の棲み家となるプラークや歯石をきちんと取り除くことがだといえます。一人ひとりのお口の状態に合ったみがき方を指導しますので、きちんと身につけましょう。

スケーリング/ルートプレーニング

スケーリング/ルートプレーニング

スケーラーという器具を使い、歯と歯の間や歯周ポケットの中に入り込んだプラークや歯石を徹底的に取り除きます。最後に汚れがなくなってデコボコになった歯根面をなめからにみがき上げ、汚れの再付着を防ぎます。

目立たない快適な部分入れ歯~フレキサイト~

目立たない快適な部分入れ歯~フレキサイト~

従来の保険治療でつくられる部分入れ歯は、金属のバネがあるため目立ちやすい上に、外れやすかったり装着時に違和感があったりするなど、さまざまな問題がつきものでした。そこで豊田市の矯正歯科「高木歯科」では、目立たず、快適な使い心地を得られる部分入れ歯「フレキサイト」をおすすめしています。フレキサイトについてくわしくは、お気軽に当院までご相談ください。

フレキサイトとは?

フレキサイトとは、アメリカで50年以上も前に開発された歴史のある部分入れ歯です。従来の保険適用の部分入れ歯にあった金属のバネがなく、床部分が弾性のある樹脂でつくられているため、フィット感もよいなど、従来の部分入れ歯のデメリットが払しょくされています。

世界30ヶ国で採用されているほど信頼も厚いフレキサイトを、当院では日本の高度な加工技術で仕上げ、快適な使い心地を実現しています。

フレキサイトの特長
金属のバネがない

金属のバネがない

フレキサイトには金属のバネがなく、弾性を持つ樹脂で歯ぐきにしっかり固定されます。そのため自然な見た目になり、入れ歯だと気づかれにくくなります。

薄い・軽い・丈夫

薄い・軽い・丈夫

フレキサイトには強度の高いスーパーポリアミドナイロンでできた樹脂が使用されており、床部分を薄くつくることができます。そのため、「薄い・軽い・丈夫」な部分入れ歯になります。

フィット感に優れている

フィット感に優れている

スーパーポリアミドナイロンでできた樹脂は弾力性に優れており、歯ぐきにぴったりフィットします。そのため違和感も少なく、快適な咬み心地を得ることができます。

フレキサイトにはこのほかにも、次のようなメリットがあります。

  • 無味・無臭
  • 金属アレルギーのリスクがない
  • FDA(米国食品医薬品局)許可商品
  • 日本でも、厚生労働省による許認可あり など

このように、フレキサイトはたくさんのメリットを持っています。従来の部分入れ歯についてお悩みがある方は、お気軽に当院までご相談ください。