「咬み合わせ」と「骨格」は深く関わっています

「咬み合わせ」と「骨格」は深く関わっています

正しい咬み合わせとは、上下の歯列がきちんと機能するよう咬み合っている状態をいいます。正しい咬み合わせは食べ物をしっかり咬みくだくことはもちろん、顎の関節と連動し、全身のバランスをとることにもつながっています。そのため、咬み合わせが乱れていると、お口の中だけでなく全身にまで悪影響を与えてしまうのです。

つまり、咬み合わせは健康維持のためにとても重要なものだといえます。豊田市の矯正歯科「高木歯科」では、咬み合わせについての豊富な知識と実績を持っており、咬み合わせを重視した診療を行っています。「咬みにくい」「顎が痛い」などの不具合や、不安な点があれば、お気軽にご相談ください。

顎関節症とは

顎関節症とは

咬み合わせに不具合があると、顎関節に負担がかかってそのまわりの筋肉に異常を来たします。その結果顎関節症を招き、次のような症状が現れます。

  • 口を大きく開けられない
  • 口を開け閉めするとき「ミシミシ」「カクカク」などといった音が鳴る
  • 顎が痛い
  • 肩こり、頭痛がある
  • めまい、耳鳴りが起きる  ほか

顎関節症が起こる原因には、歯ぎしりや食いしばりなどが挙げられます。また歯ぎしり・食いしばりは、精神的なストレスによって引き起こされるともいわれています。顎関節症を解消するには、まずそういった原因を追究し、適切な治療を行うことが大切なのです。

咬み合わせの乱れが招く全身への影響

咬み合わせの乱れが招く全身への影響

咬み合わせの乱れは、全身に次のようなさまざまな悪影響を及ぼすことがあります。咬み合わせは、健康の基盤になるものです。咬み合わせの重要性を見直してみましょう。

虫歯 歯周病 歯が痛む
咬み合わせが乱れていると歯の一部に過度の力がかかって傷がつきます。そこから虫歯菌が入り込むことで虫歯になりやすくなります。 咬む力のバランスが崩れて、一部の歯根に負担をかけ、歯周病になりやすくなります。 咬む力が均等に歯や歯ぐきにかからないことで、歯はすり減ったりひび割れが起きたりして、痛みや知覚過敏を招くことがあります。
顎関節症 頭痛・肩こり 脳の機能低下
顎関節に過度の力がかかってまわりの筋肉に異常が生じ、顎関節症の症状が現れることがあります。 咬むバランスの乱れは顎から肩、骨格全体までに悪影響を与えます。その結果、頭痛や肩こりを引き起こすことがあります。 上下の歯が正しく咬み合っていないと、脳へ流れる血液量が減少し、脳の機能低下を招くことがあります。その結果、認知症を発症することがあります。
~咬み合わせはなぜ重要?~

咬み合わせをつかさどるのは上下の顎です。下顎は頭蓋骨にぶら下がる形になっており、本来は無理のない緩和された状態で位置しています。しかし咬み合わせがずれるとそのバランスが崩れ、まわりの筋肉を緊張させて顎から全身の器官、内臓、関節にまで伝わってさまざまなトラブルを引き起こすのです。

つまり咬み合わせは、全身の筋肉バランスと密接な関係を持つものだといえます。お口の中の問題だけに留まらない、咬み合わせの乱れ。これを整えることが、身体の不調改善、そして健康維持へとつながるのです。

どんな治療も咬み合わせからしっかりと治療します。

咬み合わせは全身のバランスと深く関わっているということは、お口の中とはより密接な関係にあるということです。そこで高木歯科では、どんな治療を行う際にもまず咬み合わせの状態から診察を始めています。

どんな治療も咬み合わせからしっかりと治療します。

当院では「全身咬合学会会員」の医師が在籍しており、咬み合わせについての知識・実績を豊富に持っています。常に咬み合わせを重視した上で、お口全体をトータル的に治療していますので安心しておまかせください。