乱れた歯並びを放置してはいけません

歯並び・咬み合わせが乱れていることを、「不正咬合(ふせいこうごう)」といいます。不正咬合には見た目だけでなく、機能的にもさまざまなデメリットがあり、決して放置してはいけません。こちらでは、豊田市の矯正歯科「高木歯科」が、不正咬合のデメリットについてくわしくご紹介します。ご自分、もしくはお子様の歯並びを見直し、問題があれば矯正治療を検討しましょう。

不正咬合のデメリット

Demerit 1虫歯・歯周病のリスクが高まる

歯並びや咬み合わせが乱れていると、食べカスが溜まりやすい上にブラッシングしにくくなり、虫歯歯周病のリスクが高まってしまいます。

Demerit 2顎の正しい成長を妨げる

咬むことで顎にかかる力のバランスが悪くなり、顎や顔つき、また全身にまでゆがみを招いてしまうことがあります。その結果、正しい成長を阻害してしまう可能性も生じます。

Demerit 3栄養の吸収を妨げる

食べ物をしっかり咬みくだけず、丸飲みしがちになって胃腸に負担をかけ、また栄養の吸収も妨げてしまいます。これは、成長期のお子様にとって大きな問題です。

Demerit 4発音に支障が出る

舌の位置や空気のもれ方が定まらず、正しく発音できなくなってしまうことがあります。うまく話せないことが、コンプレックスにつながってしまうこともあります。

Demerit 5全身に悪影響を及ぼす

咬む力のバランスの乱れは、全身にまで影響して頭痛や肩こりなどの慢性症状を招くことがあります。矯正治療で咬み合わせがよくなると、それらの症状も改善されたというケースもあります。

Demerit 6コンプレックスを招く

出っ歯や受け口、すきっ歯など、乱れた歯並びはコンプレックスになりがちです。とくに思春期のお子様には大きな影響を与え、人前でうまく話せなくなってしまうようなケースもあります。

さまざまな不正咬合

不正咬合にはさまざまな種類があります。次のような歯並びに心当たりはありませんか? こういった歯並びに当てはまる場合、この状態を放置するとさまざまな悪影響を招く可能性が考えられます。できるだけ早く、当院までご相談ください。

叢生(そうせい) 上顎前突(じょうがくぜんとつ)
叢生(そうせい) 上顎前突(じょうがくぜんとつ)
歯が重なり合って生えているでこぼこの歯並びであり、八重歯もその一種です。歯に対し顎が小さい場合などに起こります。見た目が気になるのはもちろん、放置すると虫歯や歯周病のリスクも高まります。 前歯、もしくは上の歯列全体が前に突き出している、いわゆる「出っ歯」と呼ばれる歯並びです。下顎に対して上顎が大きい、上顎に対して下顎が小さい、などの場合に起こります。見た目が気になる以外にも、うまく咀嚼(そしゃく)できないなどの問題があります。
下顎前突(かがくぜんとつ) 開咬(かいこう)
下顎前突(かがくぜんとつ) 開咬(かいこう)
下の歯列が上の歯列より前に突き出している、いわゆる「受け口」と呼ばれる歯並びです。上顎に対して下顎が大きい、下顎に対して上顎が小さい、などの場合に起こります。うまく咀嚼できない、発音に支障を来たすといった問題があります。 奥歯を咬み合わせても前歯が閉じない歯並びです。前歯を舌で押す、舌を前方へ突き出すなどのクセが原因になることもあります。こちらも、うまく咀嚼できない、発音に支障を来たすといった問題があります。