お子様の受け口を治す治療~ムーシールド~

「もしかしてうちの子、受け口なんじゃないかしら……」、と気になっていませんか? 受け口は、お子様が小さいうちに適切な治療を行うことで改善することが可能です。豊田市の矯正歯科「高木歯科」では、受け口治療に取り外し可能なマウスピース型装置「ムーシールド」を使った治療をおすすめしています。こちらでは、ムーシールドについてくわしくご紹介します。

受け口とは?

受け口とは?

受け口とは、上の歯列より下の歯列が前方の出ている歯並びをいいます。通称「しゃくれ」とも呼ばれ、その原因には、遺伝や日常の何気ないクセなどが挙げられています。

機能的に、「食べ物を咬みにくい」「発音しにくい」といった問題を招くだけでなく、見た目が気になってコンプレックスになってしまうお子様もいます。乳歯の時期の受け口は、ごくまれに生え替わりに伴って改善されるケースもありますが、ほとんどの場合自然に治ることはありません。そのため当院では、早めの治療をおすすめしています。

受け口の特徴
受け口は遺伝する 自然に治る可能性は低い 治療は3~5歳ころから
受け口は日本人に多く、容姿などと同じく遺伝するものです。たとえご両親が受け口でなくても、さらに前の代からの遺伝子を引き継いでいる可能性があります。 乳歯の時期の受け口は、まれに成長とともに治るケースもありますが、前に出ている下の歯が6本以上ある場合、その可能性は極めて低いといえます。また永久歯の受け口は、自然に治ることはありません。 受け口の治療は3歳ころから可能ですが、レントゲン撮影や歯型採取などを行うこともあるため、それを受け入れられる3歳半以降を目安に開始することをおすすめします。
~当院が早めの治療をおすすめする理由~

~当院が早めの治療をおすすめする理由~

当院では受け口の治療について、できるだけ早めに開始することをおすすめしています。なぜなら受け口を放置しておくと、下顎の骨が過度に成長しやすい状態が続き、顔つきにまで影響を及ぼすことがあるからです。

また、下顎が過度に成長してしまうと治療の選択肢が少なくなり、中には下顎の骨を切断する外科手術が必要になるケースもあります。こういったことを避けお子様の負担を少しでも軽減できるよう、当院では早めの治療をおすすめしているのです。

ムーシールドとは

ムーシールドとは

ムーシールドとは、受け口を改善するために用いる、マウスピースタイプの取り外しが可能な装置です。3歳以上の乳歯の時期に対し用いるもので、就寝中にお口に装着することで徐々に受け口を改善していきます。通常、1年半程度の期間が必要です。

受け口の方は、舌の位置が本来あるべき場所より低い位置にあるため、下の歯を舌で押し出し、上顎より下顎が前に出てしまうことで起こります。ムーシールドは舌の位置を本来の位置に安定させ、上下の顎の正しい成長を導くことができるのです。

ムーシールドの効果

人は寝ているとき、無意識に唾液を飲み込みますが、そのとき同時に必ず口を閉じます。ムーシールドを装着したまま唾液を飲み込むと、受け口を改善するために必要な筋肉を鍛えることができます。

ムーシールドを用いた治療について

ムーシールドを用いた治療は、医師の指示に従い、以下の2つの項目をきちんと行うことが大切です。

寝ているときに装着する 昼間に練習する
寝ているときに装着する 昼間に練習する
ムーシールドは、おもに寝ているときに装着します。初めのうちは無意識のうちに外れてしまうこともありますが、徐々に慣れていきますので心配はいりません。毎日、根気よく続けることが大切です。 ムーシールドは基本的に寝ているときに装着するものですが、昼間にもテレビを見ているときなどに5~10分程度でも装着する練習をするといいでしょう。この練習が、夜間の装着を確実なものにします。
注意点
注意点1

ムーシールドで受け口がすべて改善するわけではありません

ムーシールドで治療をしたからといって、受け口の問題がすべて解決するわけではありません。中には一度改善した受け口が、時間の経過によって元に戻ってしまうケースもあります。

そのため受け口の治療は、ムーシールドだけに頼るのではなく、お子様一人ひとりの成長を観察しながら必要な治療を行っていくことが必要になります。

注意点2

効果を得るには、お子様自身のご協力が欠かせません

ムーシールドは取り外しが可能なため、お子様が無意識のうちに外してしまうことがあります。通常、徐々に慣れて長時間はめておけるようになりますが、外してしまう時間が長くなれば、望ましい結果が得られないケースも出てきてしまうのです。

また治療前の検査などもあるため、お子様自身が治療に協力しようという気持ちがないと治療はできません。その点をご理解いただき、ご家族の方にもご協力をお願いいたします。

症例

治療前 治療中 治療後
治療前 治療中 治療後
3歳のお子様の症例です。治療前の受け口の写真です。 治療が進み、上下の前歯が同じ位置まできています。 受け口が改善され、治療は終了です。

料金表

ムーシールド 62,000
処置料(1回/月)1回につき 3,000円
治療期間 1.5年程度

※料金は、税別価格です。

お子様の受け口でお悩みなら、高木歯科へ

お子様の受け口でお悩みなら、高木歯科へ

高木歯科では小児矯正を得意としています。ムーシールドを用いた治療についても多くの症例を保持しており、豊田市だけでなく、刈谷市や知立市、安城市、岡崎市、みよし市、豊明市、名古屋市など、遠方から来られたお子様の治療も多数行ってきました。

ムーシールドだけでなく、子どもの矯正は一人ひとりの成長に合わせて開始することが大切になります。まずは、「矯正治療が必要かどうか」「始めるのはいつがいいのか」といったことを正しく把握するためにも、お気軽にご相談ください。