マウスピース矯正ですべての不正咬合が治らない事知ってますか?

相変わらず相談が多いマウスピース矯正ですが、患者さんたちは「すべての不正咬合はマウスピース矯正で治せる」と思って来院されています。

テレビのコマーシャルなどでは、マウスピース矯正の利点だけしか放送されません。

ここで、マウスピース矯正の欠点を述べておきます。

1.マウスピース矯正は軽度の不正咬合しか治せません。

2.取り外し可能なため、装着をさぼってしまう方はなかなか治りません。

3.施術者は基本的に何もしませんので、歯列矯正の知識と経験が少ない歯科医師が安易に行っている場合もあり、万が一予定外の事が起こった時に対応しきれない場合があります。

4.患者さんが独断で、「もう、これくらいでいいだろう」と治療を中断してしまい、動かした歯が後戻りしてもとに戻ってしまう事があります。

以上、マウスピース矯正を始める時は十分歯科医師と利点欠点を話し合ってから治療を開始してください。

高木歯科コラム/院長ブログ