歯の大切さ

歯科医師を31年やって、改めて思う事。

「歯」は大切にしてください。良い歯科医を選んでください。

お口の中の管理をさぼったまま中高年になったら、本当に「歯」で困ります。

入れ歯は不自由だし、保険の入れ歯は異物感があって入れてれないし、

顎の骨が年齢とともに痩せていくので、2~3年で入れ歯があわなくなって、食べかすが入ったりガタツいたりします。

ご飯も美味しく食べれません。好きな物を何でも食べれません。

また、いろんな物が食べれないと病気になりがちです。

ぜひ、若い時からお口の中の管理をする習慣をつけましょう。

良いかかりつけ歯科医を選んで、毎食後のブラッシングと半年に一度の定期検診さえしていれば、よほどの事がない限り一生「歯」で困る事はありません!

高木歯科コラム/院長ブログ