インプラントを反対する歯科医は結構います。

私はインプラントについては反対論者です。

お口の中は常に外気に触れていて、適度の温度や歯垢があり、ばい菌にとっては絶好の生存場所になっている不潔な場所です。

インプラントは骨とは癒着しますが、歯肉とは癒着しません。

よって、ばい菌は顎の骨まですぐに感染してしまいます。

インプラントを施術したら、定期的なメインテナンスは必須です。

ばい菌が歯肉や顎の骨まで感染しないように掃除するのです。

 

インプラントを入れた患者さんも、いずれ年齢とともにメインテナンスに通えなくなったり、自分でのブラッシングが適切に行えない年齢になっていきます。

高齢者になってからインプラント周囲炎が発症して、腫れたり、化膿したり、最悪インプラントの脱離がおきてきます。

この時が最悪で、手の施しようがなくなります。

 

インプラント自体、開発されてから約50年しか歴史がありません。

と言う事は、インプラントを開発した人ですらインプラントの50年以上先はどうなるか分からないのです。

今、インプラントを施術している先生は、患者さんが要介護になった時の事を考えているのでしょうか?

追伸

歯列矯正のマイクロインプラントは一時的なもので、1~2年もすればはずしてしまうので、将来問題は起きません。

高木歯科コラム/院長ブログ