マイクロインプラント(ミニスクリュー)のお話

マイクロインプラント(ミニスクリュー)のお話<

マイクロインプラント(別名ミニインプラント、現在はミニスクリュー)はこれからの矯正の柱になると言われています。

今までの矯正は「歯を動かす固定源」を「歯」に求めてきました。

6才臼歯が一番頑丈に生えているので、6才臼歯が固定源に使われる事が多かった。

と言う事は6才臼歯は動かす事が不可能でした。

 

私は、2006年5月に韓国のテグ市にて、慶北大学のキュン教授のマイクロインプラントのセミナーを受講してきました。(慶北大学は日本でいうと大阪大学くらいの大学です)

ミニスクリューは韓国が一番進んでおり、中でもキュン教授はマイクロインプラントの世界のリーダーと言われておりました。

当時はマイクロインプラントも日本にはなく、現地でたくさん買ってきたものです。

今のミニスクリューは改良され非常にしっかりした商品です。

マイクロインプラントが開発された当初は、ラスベガスの矯正学会でマイクロインプラントの講演があった時、席がいっぱいで立ち見が出た程だったそうです。

ミニスクリューは、今までの歯列矯正を根本から変えてしまいました。矯正のための抜歯(便宜抜去)も必要なくなってきました。

 

高木歯科コラム/院長ブログ