受け口のお話

乳歯の受け口で、かかりつけ歯科医に相談すると「永久歯に交換するまで様子を見ましょう」と言われる事が多々あります。

これは、今までの矯正歯科が乳歯の間に受け口を治療開始する手段を持たなかったからです。

永久歯に交換してから自然に治る確率はほとんどありません。

小児は顎(特に上顎)の成長が著しい時期です。その時に上顎の成長を阻害する受け口は、なるべく早く治しておいた方が良いです。

そのため、「ムーシールド」と言う受け口治療法が数年前に考案されました。

3才児から治療が開始できます。

「早期初期治療」と言いまして、前歯の前後関係だけを治します。

それ以外に必要であれば、ビムラー矯正やブラケット矯正があります。

結論を言うと、上顎の成長期である小児の上顎の成長を妨げる受け口は出来るだけ早く治して、上顎をしっかり成長させると言う事です。

高木歯科コラム/院長ブログ