マウスピース矯正

最近、マウスピース矯正の相談が増えてきています。

マウスピース矯正にはアクアシステムとインビザラインがありまして、どちらもプチ矯正(小矯正)になります。

すべての不正咬合が治せる訳ではありません。不正咬合のうち10人に1人くらいが適応くらいでしょうか?

不正咬合の種類、以下参照

http://www.takagi-shika.com/demerit.html

の内、軽症の「叢生」の治療しか不可能です。

マウスピース矯正は、歯を引っ張り出したり、圧下させたりはできません。

抜歯が必要な矯正もマウスピース矯正では不可能です。

マウスピース矯正は取り外しが出来て審美的に目立たないですし、ブラッシングのしやすさ等利点はたくさんありますが、適応となるケースは少ないです。

尚、当医院では30才未満の方は、拡大装置を併用したアクアシステムも行っていますので適応ケースはもう少し増えます。

やはり、成人矯正の場合はブラケット矯正が中心となります。

 

高木歯科コラム/院長ブログ