入れ歯のおはなし

良く咬める入れ歯は、若い先生には難しいです。(私は入れ歯歴30年です)

入れ歯は、咬める入れ歯をたくさん作った経験のある歯科医師が当然上手になります。

また、入れ歯は作るだけでは使えません。最低でも4~5回はあたって痛い所の調整をし、気になる所を削って初めて咬める入れ歯になります。

後、せっかく咬める入れ歯ができても、食後はずしての歯と入れ歯の掃除が足らない患者さんはさらに歯が抜けてしまって作り直し。最終的には総入歯までなってしまいます。

入れ歯を使用している患者さんは食後の歯と入れ歯の掃除を忘れないようにしましょう。

高木歯科コラム/院長ブログ